リーダーに贈る言葉1680 「自然」 

「夜ふけに戸外に出て、無言な空の下で、
 静かに流れる川のほとりを歩くのは、
 いつも神秘的で、魂の底をかき立てるものである。
 そういうとき、私たちは自分の本源に近づき、
 動物や植物との血縁を感じ、
 太古の生活のおぼろげな追憶を感じるものだ。」
 ヘルマン・ヘッセ

DChqqV4UQAAcBiF.jpg

時々自然に帰り、我々は自然の一部であるということを自覚し、
謙虚な気持ちにならなくてはならない。
スポンサーサイト