リーダーに贈る言葉1067 「空虚な言葉」 

「・・・そして結局のところその激しい嵐が吹き去ったあと。僕らの心に残されたのは、後味の悪い失望感だけでした。どれだけそこに正しいスローガンがあり、美しいメッセージがあっても、その正しさや美しさを支え切るだけの魂の力が、モラルの力がなければ、すべては空虚な言葉の羅列に過ぎない。僕がそのときに身をもって学んだのは、そして今でも確信し続けているのは、そういうことです。言葉には確かな力がある。しかしその力は正しいものでなくてはならない。少なくとも公正なものでなくてはならない。言葉が一人歩きをしてしまってはならない。」
村上春樹「職業人としての小説家」

20150921100206.jpg

安保法案に反対する学生運動家やニュース番組のキャスターの皆さんを思い出しました。
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://leadershipjpn.blog.fc2.com/tb.php/1722-4a784c3d