リーダーに贈る言葉1216 「進むべき道」 

「簡単な道のほうが効果的で、
 早く成功できるかもしれない。
 険しい道を進むのは努力が必要であり道のりも長い。
 だが時が進むにつれ、
 最初簡単だった道はだんだんと難しくなり、
 険しかった道は徐々に容易になってくる」
 カーネル・サンダース

thumb5_2016021922283398d.jpg

道が二つに分かれているときは、困難な道を選んだ方がよい。
なぜならその道を選ぶ人がとても少ないから、結果的に楽な道になる。
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://leadershipjpn.blog.fc2.com/tb.php/1884-6443be11