リーダーに贈る言葉1385「男気」 

「メダルという目標はありますが、
 自分たちがやってきたことを
 精一杯出して戦ってほしいという思いで
 試合に送り出していました。
 だからメダルをあまり気にしていない部分はありました」
 井上康生

mqdefault.jpg

私が柔道の選手なら日本のためというより、
この監督のために絶対にメダルを取ってやろうと思ったと思います。
この言葉の裏側には、もしメダルを取れなくても
全責任は私が取るという強い覚悟も感じました。
井上監督おめでとうございます!
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://leadershipjpn.blog.fc2.com/tb.php/2067-ff925217