FC2ブログ














「反日種族主義」 

この連休に「反日種族主義」を読んだ。まず著者李 栄薫先生達に最大限の敬意を送りたい。豊富な資料と事実をもとに日本の植民地支配、徴用工、慰安婦問題などについて客観的に書かれている。本来日本の歴史学者が書かないといけない内容だ。一番残念なのは、反日種族が日本国内に朝日新聞、NHKを筆頭にメディア、大学教授に多くいることだ。私自身韓国の友人が多く、隣国とは仲良くやるべきだと思っている。(文芸春秋社の帯に小さく書かれているコメントは本の内容に反する)
 その前にベストセラー作家のジャレド・ダイアモンド教授の「危機と人類上下」を読んだが、下の日本に対する記述は読むに耐えない内容だった。事実に反した内容(いわゆる東京裁判史観かつ中韓の主張)で、それを示唆したのは、多分親戚の日本人だということだ。政治的な歪曲・嘘や誤解が伝搬していき、あたかも事実になってしまう怖さを感じる。外務省、歴史学者、メディアはしっかり事実を伝えていかないと、日本人は卑怯で残虐な民族と世界から見なされてしまう。

ダウンロード
い
スポンサーサイト




コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://leadershipjpn.blog.fc2.com/tb.php/3405-3786aa7e